窓を開けて、カーテンも閉めて半袖、半ズボンで相場観察しても暑い

窓を開けて、カーテンも閉めて半袖、半ズボンで相場観察しても暑い

窓を開けて、カーテンも閉めて半袖、半ズボンで相場観察しても暑い

窓を開けて、カーテンも閉めて半袖、半ズボンで相場観察しても暑い

 

7月14日。午前中とは気温が全然違う。半袖で短いズボンで、しかも窓を開けてカーテンを閉めて涼しくすることを徹底していても猛暑には太刀打ちできない。ギリシャ問題の相場が6月29日にやってきて、7月13日の欧州時間に、ギリシャに合意することが発表されて、解決という形になったのはよかった。だけど、今度は猛暑の問題がやってきた。毎年いつも暑いじゃん!って突っ込まれそうですが、今年の夏は格別です。

 

お昼にそうめんを食べながら情報番組を観ていたら、あちこちの首都圏で、気温が急上昇して熱中症で搬送される人が増えてきているそうです。7月になってからの気温はこういうふうに推移してきたんだよと丁寧に解説していました。7月になったばかりの時の気温は20℃ぐらいが基本だったのに、先週の木曜日辺りから一気に気温が10℃程上昇したんですって。急激な気温に適応できなかったことがより熱中症患者が増える原因になったそうです。

 

それを見て、温度差を作らないように気を付けなきゃって思いました。外から帰ってきて急に冷房だったら、自律神経が狂ってしまうのがわかります。そうではなくて、まず水のシャワーで徐々に慣れて行って冷房にしたらどうだろう?って思いました。私は家の中でパソコンと向き合ってトレードしています。中にいたからといって安心ではありません。むしろ、屋内での搬送患者が多いという事実がある。私の他に、家でトレードしている人もいるでしょう。

 

外ではないから大丈夫といって安心すると危険です。連日相場を見て睡眠不足になっている方はさらに要注意。睡眠を大事にしながら相場観察を行うのが大切です。トレードでお金を稼ぎたいという気持ちは大事ですが、自分の体はもっと大事です。こんなことを見ながら考えました。現在は午後14時過ぎ。豪ドル円絡みの発言が入ってきています。豪財務省が、豪ドルの下落を歓迎!と言っています。豪ドルはドルストレートで、豪ドル円はクロス円です。豪ドルのチャートはあまり見ないけど、豪ドル円は、91円台。ギリシャのことで十分下がったのにまだ下がってほしいみたいです。この発言の存在が恐ろしい。

ホーム RSS購読 サイトマップ