夏の為替レートはレンジ相場だか少ないpipsを狙うことで稼げる

夏の為替レートはレンジ相場だか少ないpipsを狙うことで稼げる

夏の為替レートはレンジ相場だか少ないpipsを狙うことで稼げる

夏の為替レートはレンジ相場だか少ないpipsを狙うことで稼げる

 

暑くなってくる時期はパソコンに貼り付いてFXをするのが少し大変な時期になり、休みも多くなることからFXをしない日も増えてくるという人もいるかもしれませんが、実は夏の方がFXは楽しいという意見もあります。これまで夏というと、1年間のなかで中だるみしやすい時期にあたりということもあり、為替レートはあまり価格を上げ下げしないという時期に突入していることが例年割かしら多いでしょう。そのためか、あるいは為替レートへの大きな金額ベースでの取引を減らしていることから為替レートは鈍い足取りで進み、こういうレンジ相場は非常に退屈だという見方も当然ながらあります。

 

しかし見方を少しだけ変えてみれば、もしかしたら夏の為替レートは実に儲けどきなのではないでしょうか。レンジ相場は今までの見解では儲けづらいという意識がFXトレーダーにはあるのではないかと思いますが、果たして本当なのでしょうか。一日に20pipsしか為替レートが動かないとしたら、果たしてどうなるでしょうか。これまで一日にして50pipsほど狙っていたひとにとっては、かなり厳しい状況に置かれていると感じるのではないかと感じます。

 

けれど、例えばその少ない掬う幅でも、だからこそ稼げることが安定してできるのではないかとも考えられることもできるのです。20pipsならその上下の幅をとるように、ロングとショートではっておくことを繰り返していけば自動で少額ですがプラスになることができます。短いサイクルの新規注文を繰り返すことで利益が積まれていくということを狙うわけですが、そういう取引の方法はむしろ退屈な相場でしかできないものなのではないでしょうか。

 

少ないpipsほど無論として為替手数料が気になりますがそれを見越しても少ない幅の利益を取ることを一日にして繰り返すことで利益があげられるようになります。短いターンを繰り返すので為替予約をしておくことで、もちろん手間が省けますしとても楽に取引ができるのではないかとも思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ